【カナダ留学第3話】カナダのスーパー。物価や買い方の違いは?

【カナダ留学第3話】カナダのスーパー。物価や買い方の違いは?

こんにちは、三日月です。

カナダに来て一週間が経過しました。

実は3月10日の今日からサマータイムということで若干困惑してますw

さて、今週末はスーパーマーケットなどに行き、

食品を多少買ったので物価の紹介も含めて、紹介したいと思います。

スーパーに到着!まずは野菜をみる

野菜は軒並み手が出せないくらい高いです。

写真でいうと黄色い値札の大きい数字がドル。右側の小さい数字はセントです。

1カナダドルが80円位なので

キュウリ一本120円。高い。

日本では60円くらいですよね

買う気が起こらない。。。

果物もまあまあ高めです。

ですが、オレンジ、ブドウ、バナナは安いと思います。

ブドウ1kgを4ドル、約320円で買いました。

やっぱり肉や魚はダイナミック

お肉はkgレベルで置かれてました。

ファミリーサイズです。

野菜に比べたらお肉は割とマシかなぁ

水槽!すごw

おそらく、彼らは捌かれますね。

値段は普通かなという感じです。

めっちゃ新鮮そうに見えます。

スモークサーモン、魚介類、チキンナゲット、ピザ、パイなどたくさんの冷凍食品が並んでます。

冷凍食品は安売りをしていることが多いので、買い置きをしたらよいかも。

変わったパンコーナー

海外経験のある方は見たことがあると思いますが

セルフ方式になってます。

下から袋を取り出し、パンを詰めます。

チーズパンを除き、甘いパンばかりですね。カレーパンや、焼きそばパンなどの代物はないですね。

パンコーナーの隣にケーキコーナー!

買う人いるのかなw

かわいいケーキがたくさん並んでいました。

惣菜コーナー

惣菜は基本的にどのスーパーでも注文方式です。

これとこれ!って下手な英語で注文します。

英語の練習にもなっていいですね。

センター街のスーパーで一食分の惣菜を買おうとすると軽く10ドルを超えます。たくさん買うと25ドルはいくかもしれない。

郊外のスーパーだとチキンのソテーが2個、ポテトがたくさんついて5ドルですみます。

面白いと思ったもの

醤油を発見、キッコーマンですw

甘い醤油もあるそうで買うときは注意が必要です。

モンスターです。日本よりも多くの種類があります。

勉強がはかどりそう。全部試したい!

レジ

海外によく行く方なら目にすることが多いと思います。

ベルトコンベア方式です。

前の人のまねをすればいいですが、三角の仕切りをおいて、かごから商品を出して並べます。

現金も使えますが、多くの人はデビットカードでタッチして決済する方がほとんどです。

まとめ

野菜などを始め、結構なものが日本より高いと思います。

チーズなどの乳製品はちょっと安いかもしれないです。

お肉やお魚は量が多く、値段も普通に感じました。

オーガニックがほとんどなので健康的だとは思います。

海外のスーパーは日本と違うところが多く、楽しいですね。

ワーホリや留学をされる日本人の多くは安いブドウやバナナなどの果物をたくさん食べて、パンなどの小麦製品、冷凍食品を多く買います。

ただ、冷凍食品などの産地には注意する必要があります。こちらの方は中○製は徹底して買わない人も結構います。

私は週末にホストファミリーにコストコに連れて行ってもらうのでそこで冷凍食品などをため込み、ちょっとずつ使う感じです。安い野菜と冷凍食品でサンドイッチを作って、学校に持って行くと安くすみます。

味の濃い食事が多いのでバナナなどで健康的にするのもありかなと思います。

参考にしてみてください!

カナダで驚いたことカテゴリの最新記事