本をお持ち帰りする前に!

まずは本に興味を持って下さりありがとうございます!

さてさて、

自己啓発本を読む前にお伝えしたいことがいくつかあります。

1 本を読む時の心得

まず僕が伝えたいことは

自己啓発本は参考までに

ということです。

さて、

自己啓発本は誰が描いていると思いますか?

そうです、偉人や成功者です。

偉人や成功者は私たちと同じ人間であり、

過去の体験、経験から本を書きます。

すなわち過去から学ぶと言うことです。

いいですよね!

しかしながら、

彼らはあなたとは全く同じ時代を歩み、

全く同じ考えを持っているワケではありません。

ですから、あなたがもし仮にある本を読み、

著者と同じような行動をしたとしても

同じような成功を得られるとは限らないと僕は思っています。

だから書いてある言葉を鵜呑みにせず

『こういう考えがあるのか、取り入れてみよう!』

という心構えは大事です。

2 本の読み方

私は啓発本を色々読んできましたが、

読むだけで行動しない

行動しても3日坊主ということがありました。

これでは時間とお金をドブに捨てたようなものです。

そうならないために

本を読んでから、

『本を読んでやろうと思ったこと』

『本を読んで考えたことを』

日記やメモに書き綴りましょう。

※これを読んでも実行しない人は啓発本を読んでも実行しません笑

3 このサイトについて

当サイトは『三日月の書斎にある本を紹介する』という立ち位置です。

また、

オススメ、依怙贔屓(エコヒイキ)は絶対にしない

をモットーにしています。

あくまで、『こういう本があるよ!』

と知って貰うためのサイトです

なぜかというと

たとえばAという本では

『小さな目標よりも大きな目標を立てる事が大事』

と書いてあったとします。

一方、Bという本では

『大きな目標よりも小さな目標を建てて、一つずつ達成していくことが大事』

と書いてあったとします。

これでは言っていることが食い違いってます。

2つの本の言っていることはどっちも間違っているワケではありません。

Aの本は大きな目標を意識し続けていると

小さな試験や課題をクリアしたときに

満足して失速する事がなく、次へ次へ進むことが出来る。

Bの本は小さな目標をこつこつとクリアすることで

途方もないように思える道のりを

達成することが出来る。

どちらも理にかなっているんです。

複数の自己啓発本を読んでいるとこういったケースが結構あります。

前述したとおり著者とあなたは違うように、

Aのやり方があう人、Bのやり方があう人、

はたまたどちらもあわない人、

それぞれ居るわけです。

だから、エコヒイキが出来ないんです。

当サイトでお気に入りの本を見つけて下されば幸いです。

※ただ、『この本は万人が読んでも為にならないだろうな』

という本は紹介しません。

※『私の人生を変えた本』というページは

あくまで私の場合ということを念頭に置いて下さい。

まとめ

『自己啓発本はあくまで参考にして欲しい。』

『その上で著者の考えや行動を取り入れて自分の人生の軌道修正をして欲しい。』

それでは引き続き、三日月の書斎をごゆっくりお楽しみ下さい。

紹介ページへ戻る