【カナダ留学第6話】語学学校ってどんな感じ?友達選びのポイントも!

【カナダ留学第6話】語学学校ってどんな感じ?友達選びのポイントも!

こんにちは、三日月です。

日本ではホワイトデーの印象が強いと思いますが

この記事を書いている3月14日は(アップした日はたぶん別の日w)

パイの日らしく、カナダなどではパイを食べる日になっています。

なぜ3/14か!

3.14・・・・

π!!(PIE!!)

しょうもないですねw

はい、とまあ面白くないことはこの辺にして語学学校についてまとめてみました。

語学学校ってどんな感じ?

僕の学校はバンクーバーのダウンタウンにあり、アクセスも非常に楽です。

基本英語以外の言語を話すこと禁止です。

主なルールはそれだけ。

こんな風に張り紙されています。

1度目の注意は翌日の登校禁止。
2度目の注意は二日間の登校禁止。
3度目は一週間。
4度目で退学、返金はなし

また、ラウンジには電子レンジやウォーターサーバーがあり、昼食やイベントはここで行います。

語学学校で本当に英語は上達するのか

僕の語学学校はレベルが10個に分けられており、入学時のテストのレベル、途中で何回もあるテストやプレゼンの出来によって上のレベルに行くことができます。

もちろん難しいと感じたら下げることもできます。

授業の内容は文法等がメインで残りは自分の伸ばしたいスキルに応じて英語の授業が選択できます。会話を伸ばしたい、働くための英語力がほしい、ゲームが好きだからゲームで英語を学びたい等・・・自分が好きな授業を取れます。

私が思う、語学学校の評価

ライティング★★★☆☆
スピーキング★★★★★
リーディング★★☆☆☆
リスニング★★★★☆

論文や新聞を読んだりはしないのでリーディングは控えめ、

ライティングも週に一回なのでたくさんというわけではないかも。

ディスカッションやプレゼンなどで、スピーキング能力が格段に上がると思います。

もちろん語学学校によって、カリキュラムが異なります

選択する科目によって、欠点をフォローできると思います。

友達選びのポイント

語学学校は同期入学の人、同じクラスの人と友達になりやすいです。

一緒に話す機会やご飯や観光に行くのもこういった友達です。

こんなことを書くのは忍びないですが、いくら日本語禁止といえども隠れてしゃべっている日本人は結構います。

そんな人たちに共通しているのは留学期間が短い、高校生や大学生です。

日本人は仲良くなるとべったりする傾向があります。

放課後や休み時間もべったり日本語で会話していると英語も上達しにくいです。

ましてや、日本人とシェアハウスなんかしていると日本で暮らすのとあまり変わりません。

国籍の異なる複数人のグループに入ろう。

例えば、ブラジル人の女の子と韓国人の男の子と中国人の女の子がいるグループ

そんな国籍の異なるグループは共通言語が英語しかないので英語で放課後も休み時間もやりとりします

なかなかそういったグループありませんが、学校に居残りしてまじめに勉強している人に多いイメージがあります。

日本人の友達でも会話やLINEは英語を徹底する。

距離感を保てる友達を作りましょう。

最初に知り合ったときに僕は君とのラインや会話はすべて英語で行うからねと念を押しておくといいと思います。

ですがたまには生活に関わる相談も友達としたいときがありますよね。日本語もたまに話したくなります。

英語でできればいいのですが間違えて伝わったりすると誤解が生まれるのでたまには日本語も話してもいいかもしれません。

もしも友達作りに失敗しても気にせずいきましょう。語学学校はクラス替えや別れもよくあります。また違うクラスで友達を作りましょう。

放課後はメタルスライム狩り

やはり、その日に習った英語を放課後すぐに実践できるということはありがたいです。

ホストファミリーとの会話、友達との会話・・・

また、語学学校は毎日イベントを行っています。

ヨガ、観光、スケートにいく等々。こういった体験でも英語を大いに使います。

僕が参加したスクールアクティビティです。

ゴーカートです。

まさにメタルスライム狩りでしょう。

まとめ

語学学校は友達作りが簡単な反面、友達選びは難しいです。

英語を楽しく学べる場所でしょう。

参考にしてみてください。

留学日記カテゴリの最新記事