【カナダ留学第1話】入国審査であわや別室行きになりかけた話

【カナダ留学第1話】入国審査であわや別室行きになりかけた話

こんにちは三日月です。1年間カナダにて語学留学とワーキングホリデーをすることになりました。当サイトでは私の体験に基づく情報を発信しています。

チェックイン時の注意あれこれ

出発前夜は5時まで飲み、空港に7時過ぎに到着。9時の出発になっていました。

全く、いい友達を持った。とおもいつつ、泥酔状態でチェックイン。

チェックインはスーツケースなどの大きな荷物を預け、チケットの発行、ビザ、パスポートなどを確認されます。

私はチェックインの開始時刻の7時を過ぎ、長い列に並ぶことに。

出発時のカウンターの人は日本人ですのでトランジットなどわからない事はここで聞いた方がいいです。

搭乗時刻と出発時刻が10分早まったり、荷物を調べられることがあるので早めにいかないとお土産など買う時間はないです。

チェックイン開始時の出発2時間前には並んでいることをおすすめします。

チェックイン後

チェックインを済ませると持ち物検査に行きます。普通の空港はチェックインカウンターの奥に列ができていますのでそこに並びます。

ライターやペットボトルなどの液体や危険物は没収されます。

日本はチェックが甘いのでいちいち鞄からものを出さなくてもいいかも。

搭乗ゲートを確認したら免税店での買い物や日本食を楽しんでおきましょう。

国際線の場合機内食は普通はあると思いますが日本食とは限りません。

僕はおにぎりを買いましたw

喫煙される方はここでたばこを買っておくことをおすすめします。カートンのみでの販売ですが、半値で買うことができます。お酒も安いと思いますが高いやつばっかりです・・・

持ち込みは普通2カートンまでなので買いすぎないようにw

ほかにも化粧品や香水など免税店などありますが、僕の使っている香水はネットの価格と大差ありませんでした。

ビジネスクラス以上の方はラウンジというセレブしかいけない空間に行くみたいです。行ってみたい。

機内にて

搭乗時間になりましたのでゲートに向かいます。

僕の飛行機はChina Airなので中国人が多かったです。炊飯器持っている方もいました。

ちなみにChina AirのCAさんは普通に中国語で話しかけてきます。HA?って返すと英語になりますw

中国の検閲は厳しい。(トランジット)

4時間のフライトで北京に到着。空気が汚い。呼吸が息苦しいです。

時差は1時間なので時計を合わせます。

到着したらtransferと書いてある方に向かいます。飛行機のイラストが添えられていることが多いです。

だいたい人の流れについて行けばわかりますが、パスポートと顔写真の確認→身体検査になります

中国経由は飛行機チケットが安いので利用される方が多いと思いますが

マジで検閲が厳しいです。

中国の検閲の厳しさを箇条書きにしましたw

・ライターなどは事前に取り出して検閲官に渡すこと
・ パソコンやタブレットやバッテリーなどの電子機器はすべて取り出して並べてかごに入れる。
・傘は開いてチェックされる。
・厚底の靴は脱がされる
・記載のないバッテリーは没収される。

バッテリーはどこかに内容量記載がないと必ず没収されます。過去に私の8000円したバッテリーも容赦なく没収されました。

5800mAh, 3.7Vなどの記載があります↓

ちなみにその時に私の鞄の横のポケットからライターが出てきて

マジギレされましたw

検閲が終わるとまた免税店などが並んでます。クレジットガードやQR決済で買うといいと思います。

日本の通貨が使えるお店もありますがぼったくられます。

カナダに到着!


10時間以上のフライトでした。北極圏をかすめるように飛んでますね。

俗に言うエコノミー症候群ですね。4列シートの深夜バスくらいにつらいですw

そしてバンクーバーと日本の時差は17時間。
今が何時かわからない。

入国審査、マジでトラブったw

機械がたくさん並んでいるフロアに到着。

観光と違い、留学やワーホリの場合はビザも入国審査も大きく異なります

私は4ヶ月の語学留学の後、ワーキングホリデーを行うつもりでしたが最初の4ヶ月は観光ビザで入国するつもりでした。
ワーキングホリデービザはカナダ入国時はとれておらず、申請中でした。

検閲官にwhat your purpose?(目的は?)と聞かれて、

観光ビザではいるんだから観光だろって思ってSightseeing(観光)って答えちゃったらいろいろ資料見られて『学校だろ、正直に話せ』と怒られました。危うく別室行きになるところでした汗
その後もつたない英語で

わかんなくなったら資料を全部わたせ!
・日本語が伝わる人も中にはいる
正直にすべてを話すこと。
・想定される英語の質問を考えておくこと

入国管理官は目的、ビザ、滞在先のホテルやホームステイ先、ビザが切れたときどうするか、帰りの便などを確認してきます。

「観光ビザだから留学とか余計なことはいわない方がいいかな」と思ってもバレて強制送還とか別室行きはいやですよね。時間がかかっても、単語しかいえなくても、自分のことをちゃんと説明した方がいいと思います。

私は10分ぐらい管理官と戦いましたw
あの入国管理官には二度と会いたくないですw

入国審査が終わるとスーツケースを受け取ります。

壊れていたらすぐに空港に報告しないといけません。もしも壊れていたのにすぐに報告しないと保険が適用できなくなってしまいます。

壊れていないOK!

ワーホリや留学の場合は移民局に行く必要があります。

→移民局での手続きとは??(工事中)

無事にホストファミリーと会うことができました!

カナダで驚いたことカテゴリの最新記事